<自分でチャートを作成する>

表計算ソフトEXCELでチャートを作成してみましょう。

1)ヤフーのファイナンスから、自分の興味銘柄を検索し、チャートを表示させます。

2)右下にある「時系列」をクリックします。

3)日付を設定します。(1ヶ月くらいで設定し、日足にしてみます)

4)表が表示されたら、ドラッグし、「編集」⇒「コピー」を選択します。

5)Excelを起動させ、A1にカーソルを合わせ「編集」⇒「貼り付け」をします。

     

A列は幅を広げると日付が表示されます。このままでは降順(日付の新しい順)なので、A2にカーソルを合わせ「データ」⇒「並べ替え」を選択し、最優先されるキーを「日付」にし、昇順にチェックを入れて「OK」をクリックします。

6)日付−始値−高値−安値−終値 の範囲を選択し、グラフウィザードを起動させます。

7)グラフの種類から「株価」を選択し、右上の形式を選択します。

8)グラフを作成し、体裁(フォントやサイズの変更など)を整えると、下のようなチャートができます。

9)出来高の列を切り取り、日付の後に挿入し「日付−出来高−始値−高値−安値−終値」の順に並べてグラフを作成すると出来高も含めたチャートを描くことができます。

6月22日、はその前の日から35度以上の暑さになり、今年は例年になく猛暑だとニュースが流れました。この例はお茶で有名な伊藤園ですが、暑くなると飲料水メーカーやクーラー製造メーカーなど暑くなると業績が伸びると予想される株が買われます。これを猛暑買いといいます。この日は出来高も高くなっています。

※グラフを作成して、「グラフ」⇒「近似線の追加」メニューで移動平均線も描けます。