「小松左京全集完全版」第一期八冊 刊行記念

「新・地球を考える」シンポジウム

城西国際大学出版会

 

  

城西国際大学出版会では、『「小松左京全集完全版」第一期八冊刊行記念
新・地球を考える」シンポジウム』を2007年11月24日(土)14時より城西国際大学 紀尾井町キャンパス ホールで開催いたします。

 日 時 :  11月24日(土) 14:00〜17:00
 場 所 :  城西国際大学 紀尾井町キャンパス ホール
          (東京都千代田区紀尾井町3-26)
 定 員 :  100名 (申込み先着順)
 参加費 :  5,000円
         「小松左京全集完全版」第1巻または第30巻の引換券進呈

今回のシンポジウムでは、吉田夏彦中村桂子松井孝典の3名の著名な先生方をパネリストにお迎えし、小松左京先生の名著「地球を考える※」が、「小松左京全集完全版」第30巻、第一期8冊目として2008年3月に刊行されることを記念して、“地球を考える”ことをテーマにディスカッションいたします。

※「地球を考える(上)・(下)」:1972年 新潮社刊行 
最先端の学者達12名(竹内均・樋口敬二・吉良達夫・渡辺格・上山春平・吉田夏彦・坂井利之・大来佐武郎・ 武者小路公秀・貝塚茂樹・会田雄次・梅棹忠夫)を相手に、地球上に生み出された知的生命としての人類が、 自分を生み出した地球をどのように捉え、考えたらよいのかを追究した対談集

地球環境問題など、地球に生きる人間としての考え方がいろいろな形で再考を求められている今日、小松左京先生がかつて「地球を考える」で提起された問題は、今こそ多くの人に一緒に考えて頂きたい重要な課題となっております。今回お迎えしたパネリストの三氏は、哲学、生命科学、惑星物理学というそれぞれの専門分野での業績はもちろんのこと、幅広い見識を持った最高の知性の方々です。今回のシンポジウムで三氏と共に“地球を考える”ことは、これからの人間の問題を考えることに繋がるものと考えております。

またシンポジウムの内容は、「小松左京全集完全版」第30巻の巻末に収録される予定です。

城西国際大学出版会では、活字メディア文化の継承と振興のために、2006年7月よりコニカミノルタのオンデマンド印刷機を使って、小部数かつ高品質な書籍の発行をしております。「小松左京全集完全版」全46巻も、原版の有無に依存しないこのコニカミノルタのオンデマンド印刷機を使用して作成しており、オンデマンド形式でありながら本格的な装丁で、2007年11月時点で既に6冊を刊行しております。
今回開催するシンポジウム会場でも、コニカミノルタのオンデマンド印刷機を実機展示し、城西国際大学出版会における書籍制作の取組の一端をご覧頂けます。

城西国際大学出版会は、今回のシンポジウムや文化的価値のある書籍の発行を通じて、地球を考え、人類を考えることの大切さを広め、「学問による人間形成」の一助となるよう社会に貢献してまいります。

シンポジウム概要

題 名 :「小松左京全集完全版」第一期八冊刊行記念「新・地球を考える」
日 時 : 11月24日(土) 14:00〜17:00
場 所 :城西国際大学 紀尾井町キャンパス ホール(東京都千代田区紀尾井町3-26)
定 員 : 100名 (申込み先着順)
参加費 : 5,000円 (「小松左京全集完全版」第1巻または第30巻の引換券進呈)
主 催 :城西国際大学出版会
共 催 :(株)イオ・小松左京事務所
後 援 :コニカミノルタビジネスソリューションズ(株)

パネリスト (敬称略)

吉田夏彦 :東京工業大学名誉教授 哲学者 論理学者
中村桂子 :JT生命誌研究館館長 生命科学者
松井孝典 :東京大学大学院新領域創成科学研究科教授 惑星科学者

(司会)澤田芳郎 :京都大学産官学連携センター教授

お問い合わせ先

城西国際大学出版会事務局 (http://www.jiu.ac.jp/sakyo) 0475-53-2151
参加希望される方 : 事務局( 0475-53-2151 press@jiu.ac.jp )へ
電話またはメールで申し込みください。

 

 

城西国際大学出版会

郵便番号 283-8555 千葉県東金市求名1番地
電話 0475-53-2151
FAX 0475-55-8960
電子メール press@jiu.ac.jp
Webサイト http://www.jiu.ac.jp/sakyo/
   
 
 
 
Copyright (C) 2006 Josai International University 小松左京事務所 All rights reserved.